*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.09 (Sat)

べびプリの投稿イラストの推移 その2

気付いたら、はるひめさんのそとまき屋がすでにイラスト集計やっていた点orz
あ”ー、すいません、今気付きましたすいません;
そしてにも関わらず第2弾やります;


さて、べびプリの本誌掲載分のイラスト推移は下記のようになっているわけですが、

イラスト投稿べびプリ表

イラスト投稿べびプリ

これを実際に投稿している人たちはどのような感じになっているのでしょうか?

そういうことで、今度はイラスト投稿者と掲載数の関わりについて
しらべてみました。

べびプリ本コーナにおいて、イラスト投稿は9月号時点で5回機会がありました。
複数回掲載されているってことはそれなりにすごいことだと思います。


なお、べびプリコーナーの掲載されにくさは折り紙付きです。
ウチの場合、毎回投稿しましたが、5回中3回落ちましたので;
・・・まぁ思い当たるフシはあるんですよ・・・。
ホワイトがにじみまくってスキャン不可能だったとか、
シャーペンのあとクッキリでダメとか、
シースルーヒカル先生ヤバすぎて掲載不可能だったとか;
・・・一応、投稿するときには、そういう配慮も忘れずに;



ということで話を戻して。

下記表とグラフは投稿者と
べびプリコーナ上で掲載された枚数とのかかわりになります。

イラスト投稿者統計
イラスト投稿者グラフ


前者が掲載された投稿者の人数、後者が掲載された投稿ハガキの枚数になります。
グラフはそれをパーセンテージで表したものになります。

これをみると、例えば投稿者数、つまりべびプリを応援してくれている人たちを見ると、
今のところまだ始まったばかりと言えるため、
1枚掲載者≒ハガキを出し始めた方が58%と多数をしめていますが、
投稿総数、全体のハガキの量として見ると、
2枚、3枚と立て続けにハガキを出している方が実に67%をしめているわけです。

まとめると、べびプリの投稿イラストコーナーは誌面を彩る広告的な意味で
継続投稿者が重要な意味をもっている反面、
投稿コーナー全体としては新規参入者によって成り立っているのも
事実ってことが言えるかと思われます。
・・・まぁ、これが1年目にして継続投稿者ばかりで、新規参入者が少ないって数字が示されると、
商業的価値ナシと判断されてポイ捨てされるのが関の山なんですが;、
そういった感じではないと思われるため、
べびプリの展開はある一定の成果を治めているのではないかと思われます。


あんまり経済的な話は得意じゃないんで、そのへんのことは置いときましょうw
・・・何気にこの辺のことって、ハガキを送る=商品を購入した という感じに置き換えると、
例えばこれが書籍化シリーズした場合、継続購入するのはどれくらいいるのかー
新規購入者が継続購入者に変化するのはどれくらいいるのかー みたいな話に繋がりそうですよね。
アニメ化されたらこれぐらいの人がDVD買います。みたいな。
そういった意味では投稿ハガキって意外に重要っぽく見えますねー、と。


スポンサーサイト
01:26  |  考察  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://nineteensisters.blog33.fc2.com/tb.php/19-5b3e2c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。